• ふくち

WS「精神科クリニックの心理臨床:How to Think」

ワークショップをするようになって、これもリクエストが多いのが、カウンセリングのやり方を学びたいというもの。これが意外に、自分の中でもどうやったら講義として成り立つのかが難しくてまとまらず、たどりついたのが体験してもらうしかないのではないか、ということでした。 そこで、GSVという形を取りたくて、ここから何度か試みることになります。 ロールプレイを恥ずかしがる方のほうが多いのが残念ですが、今(2020年4月現在)も続くGSVの場は、私にとっても楽しみな時間となっています。


*****


この秋、小さな研修会をします。

この研修会の目的は、参加者の方に、ほんの少し、勇気や自信を持って帰っていただくことです。講師が諸先輩方から育てていただいたように、グループスーパーバイズの形で精神科クリニックでの臨床経験の棚卸しをさせていただこうと思います。精神科クリニックの臨床で、心理士はどのようにケースを考えるのか、どのように働きかけることができるのか。講師は解決志向アプローチを学びながら育ちましたので、ソリューション的な要素をもった内容になるでしょう。

グループスーパーバイズという言葉になじみがない方もいらっしゃるかもしれませんが、大勢の人の前で自分の事例を紹介し、意見をもらうことって、ちょっとだけ度胸がいりませんか? 事例をまとめるなど事前の準備が億劫に感じることもあると思います。どうやってスーパーバイザーを探すんだろう?と困ったり、その費用にためらう人もいるのではないでしょうか。そんな方たちの負担や不安をなるべく軽くして、気楽に体験してもらうにはどうしたらいいかなぁと考え、思い切って少人数限定で複数開催の形をとることにしました。

一回の定員は6人、全部で3回の枠を設定します。内容は全部異なりますから、全部参加もOKですし、一回だけの参加もOKです。そのため、臨床心理士資格の更新ポイントにはなりません。対象はキャリアの浅い方を優先したいと思いますが、励ます側に回りたいベテランの方も歓迎です。

前回のワークショップから2年が経ってしまいましたが、その時にもっとスーパーバイズやロールプレイに立候補してみればよかったという感想をいただきました。ようやくリクエストに応えられそうです。発表者の立候補はお早めにどうぞ。難しい準備はいりません。好奇心だけ持って、参加してください。


  日時:①2016年10月28日(金) 19:00-20:30

     ②2016年11月11日(金) 19:00-20:30

  ③2016年11月26日(土) 15:00-16:30

  会場:フレスタ香椎(JR香椎駅ビル)4F カウンセリングルームぞうの耳

  対象:臨床心理士 および 臨床心理学を専攻する大学院生 

  定員:各回6人

  参加費:1回につき 社会人2000円・学生1500円(当日受付時にあつめます)




 
  • Twitter

©2020 by こころの相談室 ねこのて。Wix.com で作成されました。