top of page
  • 執筆者の写真ふくち

WSこころとからだをつなぐ

更新日:2023年12月21日

2023年12月9日(土)20:00-22:00のスケジュールで、ワークショップをします。 タイトルは「こころとからだをつなぐ」。 講師は3人。それぞれの立場で、こころとからだをつなぐワークをまじえながらお話します。

ぜひ、ワークは一緒に体験してもらいたいと思い、企画しました。 見ているだけ、聞いているだけではない、一緒に「やる」「味わう」「楽しむ」時間にします。


研修をいくつもしていると、すぐに使えるHow toを求める方が多い気がします。 座学の研修もよいのですが、実際に体験する機会があってもいいと思います。 どの技法についても、自分が体験してみると、その技法のよさ、体感が理解できるのではないでしょうか。 他者に使う前に、まず、自分で体験。そんな機会を作りたいと思ったのです。

そのうえで、自分も使えるようになりたいと思ったものを身につけることがおすすめです。 また、自分では使わなかったとしても、この技法はこういうことに役立つと実感と共に知っておくことで、その技法が必要なCl.に出会った時に勧めることができるかもしれません。


自分のこころとからだをつなぐ。 心身一如であることを再確認する。 と言っても、小難しい話はありません。 こんなこともできるよという3人の講師の技の見せあいを楽しんでもらえたらと思います。


20:00-20:30  Cl.のこころをTh.のからだを通じて理解する 福地周子(こころの相談室ねこのて)

福地の立場からは、催眠療法から学んだことを踏まえて、面接中に自分をモニターすることがどのように臨床に役立つかをお話ししたいと思います。 呼吸法か漸進的リラクゼーション法か、その場の気分で御一緒にやりましょう。ミラクルクエスチョンや水晶玉テクニックまで入れるのは欲張りすぎだと思いますが、無意識と遊ぶことにも触れたいと思います。


20:30-21:00 Th.のからだを通じてCl.のこころに働きかける 松元大地(こころの相談室UP)

普段はCBTについて、とりわけ、行動療法についての解説となると、松元さんにお願いすることが多いです。が、今回は、古武術をたしなんでいる方だからこそ、このパートをお願いしました。 福地から松元さんへのリクエストとして、二人とも、松原秀樹先生という、もうお亡くなりになった方が考えた漸進的リラクゼーションを用いるのですが、使い方や教示が少し違うのです。その違いを楽しんでもらうのも一興だと思います。


21:00-21:30 Th.が自分のこころとからだを感じる 鈴木健一(Tochigi Mindfulness & Counseling Takibi)

鈴木さんはマインドフルネスを学んでいる方で、講師の資格も持っています。マインドフルネスストレス低減法は、痛みやストレスの緩和を目的として開発されましたものです。 そのやり方を学ぶ前に、ぜひとも援助職の人に実際に体験してもらいたい、セルフケアになることを知ってもらいたいというお話をうかがったことがあり、このパートをお願いすることにしました。


21:30-22:00 3人のディスカッションと質疑応答

3人でわいわいとお話したいと思いますし、質問があればぜひ、一緒に考えたいと思います。


ワークショップはZoomを用いて行います。動画の配信は予定していません。 前もって配布する資料もございません。 当日は実名での御参加をお願いいたします。画面は顔を出さなくても出しても、お任せします。 質問はチャットに書き込んでもらう方法でお願いします。


公認心理師、臨床心理士を対象とします。もしくは、受験資格を有する方を対象とします。臨床心理学を学ぶ大学院生の方も歓迎します。 参加費は2700円です。振込先は、お申し込みの確認メールにてお知らせします。 また、人数は20人までとさせてください。希望者多数の場合は、先着順といたします。



閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

Comentários


記事: Blog2 Post
bottom of page